ピル(避妊薬)にはタバコは厳禁! 電子タバコは?

 

ピルの服用には条件があります。
その一つに「35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方はピルの使用ができない」というものがあります。
これは「血栓症」のリスクが高まるためです。

ピルとタバコの関係

ピルと相性の悪い薬やサプリ、食事、嗜好品などはあまり多くはありません。

身近で禁忌なのは鎮痛解熱薬である「アセトアミノフェン」、サプリメントの「セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)」、「ビタミンCの大量摂取」くらいです。
その他にも特定の系統の抗生物質など、いくつかピルと併用できないものもあります。
それらはほとんどが処方薬品になりますので、別の薬の処方を受ける場合、ピルを服用している旨医師に伝えておけば大抵は問題ありません。
ただ、「ヤーズフレックス」は、アセトアミノフェン以外の鎮痛解熱薬も使用注意ですので、月経痛などの際服用したい場合、これも医師に相談してみてください。

ピルの注意として「35歳以上で1日15本以上喫煙する方は服用できない」というものがあります。
これは「血栓症」のリスクを167倍にまで高めてしまうからです。

血栓症とは血管中の血液が固まりやすくなる症状のことで、肺動脈で血管が詰まる「肺塞栓」、心臓の動脈で血管が詰まる「心筋梗塞」などに至った場合は、命の危険があります。

タバコが血栓症のリスクを高めてしまう原因は2つ

1つ目は「ニコチン」です。
ニコチンが血管を収縮するためです。

もう1つは「一酸化炭素」で、血液中のヘモグロビンと結び付くことで酸素不足になるためです。

ピルを服用するなら「禁煙」が必要?

禁煙

喫煙者の方は残念ながら、ピルを服用するなら「禁煙」は必要です。
「35歳以上、1日15本以上」というガイドラインはあるものの、それに満たない年齢・本数であったとしても、血栓症のリスクは十分にあります。
良い知らせと言えば「アルコールは基本問題ない」ということです。
ですが、喫煙者にとっては何の慰めにもならないかもしれません。

電子タバコはどうなの?

電子タバコは大きく2つに分類されます。

一つはタバコの葉を蒸して(火はつけない)その蒸気を吸引する「加熱式タバコ」です。
タールやニコチンが含まれますので、ピルを服用される方は利用出来ません。

もう一つは「狭義の電子タバコ」です。
基本的にニコチンは含まず、香りの付いたフレーバーの「水蒸気」を吸うものです。
タールやニコチンは含まれないので、どうしてもピルを服用したいが、禁煙出来ない方は、こちらを利用する事を考えてみても良いかもしれません。

加熱式タバコ

加熱式タバコは、タバコ葉を加熱することで発生する水蒸気を吸うタイプの電子タバコです。
タバコのような煙が出ますが、量は少ないです。
ニコチン以外の有害物質がほとんど含まれないのですが、ニコチンはしっかりと含有されています。
そのため、加熱式タバコへの移行は、禁煙とは言えません。
もちろんピル服用者には影響がありますので、ピルとの併用は避けて下さい。

狭義の電子タバコ(リキッドタイプ)

狭義の電子タバコ(リキッドタイプ)は、ニコチンのオプションを加えない限り、「ピルとも併用が可能」かもしれません。
ただもちろん「安全」とは言えません。
電子タバコはまだ世の中にでてそれほど期間も実績もありません。
ピルを処方してもらう際は医師に相談するのが必須です。

狭義の電子タバコ(リキッドタイプ)は、タールもニコチンも含んでいないものが殆どで、その他有害物質も「ゼロ」ではないにせよ、従来のタバコとは比較にならないほど安全性が高いと考えてよさそうです。

ただ、ニコチンにかなり依存している方には物足りないでしょう。
そのような方は、ピルを飲まないか、今後ピルを飲むことを考えて、電子タバコやニコチンパッチなどで禁煙する必要があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

従来のタバコの危険性はもちろん、電子タバコも血栓症のリスクを高めてしまうことがわかりました。

喫煙は血栓症のリスクを高めると報告されています。

そのため、低用量ピルの服用を検討されている方は禁煙をすることをお勧めします。

タバコ
最新情報をチェックしよう!
>スマルナ相談窓口

スマルナ相談窓口

アプリから無料で専門家に相談できます。