生理前のイライラはPMSかも?症状から改善方法まで詳しく解説

 

PMSは「Premenstrual Syndrome」の略で「月経前症候群」と訳されます。
生理が始まる3~10日ほど前に、心身両面において様々な不調が現れることを言います。
PMSの症状・原因・対策などをまとめてみました。

PMS(月経前症候群)の症状

PMS(月経前症候群)の主な身体症状は、下腹部の痛み・膨満感、乳房の痛み、むくみ、頭痛、めまい、眠気や不眠などの睡眠障害などです。
精神症状としては、ウツ、イライラ、攻撃的になること、絶望感などがあります。

現れ方は様々で、人によって症状も程度も違います。
不調の現れ方は200種類以上とも言われます。
症状は、生理が来るとウソのように治まる点が特徴です。
海外では30年以上も前から研究が進んでいますが、残念ながら日本ではPMSという言葉さえ知らない人が多いという状況にあります。
では、その原因は何なのでしょうか?

PMS(月経前症候群)はなぜ起こる?

女性の性周期

実は、PMSの起こる原因・メカニズムは完全には分かっていません。
ただ、一般的に黄体期(排卵期と生理が始まる間の約2週間)に黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になることが原因と考えられています。

生理周期は、【生理期 → 卵胞期 → 排卵期 → 黄体期】に分かれます。
生理期は卵胞ホルモン(エストロゲン)・黄体ホルモン(プロゲステロン)の両方が急激に低下して、子宮内膜がはがれ、出血となります。
卵胞期から卵胞ホルモン(エストロゲン)が徐々に増えてきます。
排卵期に排卵され、次の黄体期には黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になります。
この黄体期にPMSは起きやすくなります。

この黄体ホルモンは妊娠の状態を保つのに不可欠なホルモンですが、妊娠していないときには、心や身体にとって不都合な状況を作り出すホルモンでもあります。
このホルモンが、安心・安定感をもたらす脳の分泌物質であるセロトニンの生成を妨げることや、活動状態-リラックス状態のバランスを司る自律神経を乱すことがわかっています。

PMS(月経前症候群)の症状改善方法

PMSの改善方法は生活習慣(食事・運動・睡眠)を見直す、リラックスできる時間を作る、ストレスを溜めないように過ごす、つらい症状を記録をし医師に伝えるなどの方法がありますが、今回はその中でも主流である改善方法、「漢方薬」、「低用量ピル」、「サプリメント」に絞ってお伝えします。

漢方薬

漢方薬には即効性はありませんが、心身全体において効力を発揮します。
身体の状態にあった漢方薬と巡り合えることは非常に素晴らしいことです。
西洋医学の薬で改善が見込めない場合、たかが漢方と思わずに、ぜひ選択肢の一つとして捉えてみてください。
また、西洋医学の薬と併用できる場合が多く、補助・調整の面で優れています。

PMS関係でよく使われる漢方薬を挙げてみます。

低用量ピル(経口避妊薬)

低用量ピルは避妊効果だけでなく「子宮内膜症」「月経困難症」「月経前症候群(PMS)」にも確効果があると言われています。

ピルは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つの女性ホルモンを含んだ薬で、排卵を止める働きがあります。
すると、身体からの女性ホルモンの分泌が低下し、PMS等の症状の改善が見込めます。

ピルを服用すると副作用などの心配を持っている方もおられるでしょうが、そんなことはありません。
むしろ、排卵を休むことにより、女性機能の劣化が抑えられ、後の妊娠には好影響を与えます。

サプリメント

PMSかどうかに関わらず、ビタミン・ミネラルの過不足ない摂取は人間にとって欠かせないものです。
食事から摂れれば一番良いのですが、摂りづらい場合、先に挙げた「マルチビタミン」「マルチミネラル」などのサプリメントを使うことも方法の一つです。
他に、サプリメントとしてPMSに効果があるとされるものを2つご紹介しておきます。

 

まとめ

PMSは自分ではコントロールができない分、辛いと感じる方が多いようです。

PMSは適切な治療をすれば改善が見込めます。日常生活に支障をきたしてしまうという方は、一度婦人科で診てもらってみてはいかがでしょうか?

物思いにふける女性
最新情報をチェックしよう!
>スマルナ相談窓口

スマルナ相談窓口

アプリから無料で専門家に相談できます。