生理中にアルコールはNG? 生理中の飲酒で気を付けること

妊娠中の飲酒は厳禁と言われています。
なら、生理中はどうなのでしょうか? 

できれば避けた方が無難

結論から申し上げますと、生理中の飲酒はできれば避けた方が無難です。しかし、厳禁ということはありません。

ただ、生理や生理前の精神症状(イライラ・落ち込みなど)を緩和する目的で飲むと、反動で症状が強くなったり、お酒への依存が生じたりしますので、止めておくのが賢明です。

健康的に楽しく適量を飲む分には基本的に問題ありません。

そもそも女性は男性に比べてアルコールの影響を受けやすい

女性は男性に比べ、アルコールに反応しやすいです。簡単に言うと「弱い」傾向にあります。
もちろん遺伝の影響が大きいですので、平均男性よりも飲める人もいますが、一般的には男性より不利な立ち位置になります。

理由としてはまず、身体の大きさが違うことが一つです。女性は一般的に男性より身体が小さいですから、血液の総量も少なくなります。
ですので、血中アルコール濃度が高くなるのです。これが第1点。

次に、肝臓も小さめです。アルコールは主に肝臓で代謝されるため、ここでも女性はアルコールに対して不利な立場にあります。
脂肪が多い体格組成であるのも問題点の一つです。脂肪はアルコールの分解に役立たないからです。
また、卵胞ホルモン(エストロゲン)にはアルコールの代謝を阻害する働きがあります。

つまり、総じて女性のアルコール分解能力は男性に比べ低いのです。それをまず心得ておいてほしいと思います。
さらに、アルコール性の肝硬変に至るスピードも女性の方がかなり速いという事実もありますので注意が必要です。

女性のアルコールの適量

1日の男性の適正なアルコール摂取量は、純アルコール換算で40グラムまで。一方女性は20グラムまでです。
純アルコール20グラムというと、ビールロング缶(500ml)1本、日本酒なら1合(180ml)程度です。

お酒好きの人には信じられないほどの厳格な設定です。
筆者は男性ですが、1日40グラムなどとても守れません。
しかし、これが事実なのですからしょうがありません。


生理中の飲酒について気を付けること

生理中はお酒を避けなければならないということは必ずしもありません。
しかし、いくぶん好ましくないタイミングとなることもありますので、注意点を紹介しておきます。

体内の血液量が少なくなっていることに注目

経血によって体内の血液量が少なくなっていることに加えて、子宮周辺に血液が集中し、肝臓に向かう血液量が少なくなるという事実があります。
いつもよりお酒に反応しやすくなっていることを認識しておいてください。

また、脱水や貧血を起こすこともありますので注意が必要です。
脱水に関してはお酒を飲む時は水分もたくさん飲むことが対策上重要です。
これは生理中に限ったことではなく、アルコールの分解には大量の水分が必要なので、飲酒する際は水分を多めに摂るということを心がけて下さい。

冷えないようにする

冷えは生理痛の大敵です。
飲酒するなら赤ワインや熱燗、焼酎のお湯割り、ウイスキーのお湯割りなどが良いでしょう。

鎮痛剤を飲む時は飲酒と3時間程度間隔をあける

生理痛緩和のために鎮痛剤を飲む場合は、飲酒とのあいだを3時間程度は開ける方が無難です。
アルコールも薬も肝臓で代謝するので、肝臓に過度の負担をかけないためです。
また、副作用が出やすくなる点も見過ごせません。

ビタミンBやマグネシウムの不足に注意

生理期に限ったことではありませんが、アルコールの分解にはビタミンB群やマグネシウムを消費します。
それを補うような措置を講じておいてください。

PMSや生理期の精神症状緩和目的の飲酒は危険

月経前に心身の調子を崩すPMS(月経前症候群)の精神症状や、月経期の精神症状を紛らわす意味での飲酒はよくありません。

確かに一時的に気分は良くなりますが、その後気分は更に悪化します。
依存症を覆る場合もありますので、イライラ・落ち込みを軽減のための飲酒は危険であることを知っておいてください。

PMSなどの精神症状の緩和はアルコールではなく、ピル(経口避妊薬)や抗うつ薬を使うべきです。
あまりにもつらい方は医療機関の受診も考えてみて下さい。

ピルとお酒

ピルを飲んでいる方がアルコールを飲んではいけないということはありません。
ただ、ピルの服用後2時間以内に吐いてしまった場合、ピルの成分が十分に吸収されていないことが考えられますので、もう一錠飲み足すなどの措置が必要です。

吐くほど飲むのは避けましょう。
もしそこまで飲んでしまう人は、ピルを飲むタイミングを朝にするなど、対策を考えましょう。

まとめ

 女性はもともとお酒に弱い傾向がある
 生理中の飲酒には知っておいたほうがいいルールがいくつかある
 PMSなどの精神症状を紛らわすために飲酒するのは避けたほうがいい

・・・ということを知っておいてください。

ですが少量の飲酒であれば、血管を拡張し、血流を良くする効果もありますので、生理中は禁酒しなければならないということはありません。

アルコールとは程々の付き合いができることを願います。

 

最新情報をチェックしよう!
>スマルナ相談窓口

スマルナ相談窓口

アプリから無料で専門家に相談できます。