ピル(避妊薬)の種類完全まとめ – 低用量ピル・超低用量ピルの違いって何?

 

ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれている経口避妊薬です。
月経困難症や子宮内膜症の予防・治療にも使われます。
黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の二つがその成分です。

含有する女性ホルモンの量によって「アフターピル 」「中用量ピル」「低用量ピル」「超低用量ピル」に分かれます。この中でも避妊や生理に関する不快な症状の改善に使用されるのが、低用量ピル・超低用量ピルです。

低用量ピルの種類

21錠タイプと28錠タイプがある

21錠タイプは、3週間飲んで、1週間は薬を飲まない時期を設ける方式です。
28錠タイプも同じなのですが、21回分の実薬と7日分の偽薬(プラセボ)がはいっており、飲み忘れが起こりにくいように工夫されています。

効果の上ではどちらも同じです。

1相性と、3相性(中間増量型/漸増型)がある

全ての錠剤に配合されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量が同じものを1相性といいます。飲み間違えにくいこと、飲み忘れ時の対応がとりやすいことが利点です。

3相性は錠剤に配合されているホルモンの量が3段階に変化するものです。生理的な月経周期のホルモンパターンに近く、不正出血が起きにくいという特長があります。

低用量・超低用量ピルには4つの世代がある

低用量・超低用量ピルには、発売時期や成分で第1世代から第4世代に分かれます。

世代ごとの違いを追う形で、数種あるピルの違いを見ていきたいと思います。

第1世代のピル

第1世代のピルの黄体ホルモンには「ノルエステロン」が使われています。
ただ、作用が弱いため、黄体ホルモンの量は多めに含まれています。
卵胞ホルモンには黄体ホルモンの作用を増強する性質があります。卵胞ホルモンが多いため、吐き気や頭痛などの副作用が起こりやすくなります。
半面、ニキビや体重増加など、男性化症状(アンドロゲン作用)が少ないというメリットもあります。

「ルナベル」はこの第1世代に分類されます。

第2世代のピル

第2世代に分類されるピルには「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンが使われています。第1世代と比較して黄体ホルモン作用が高いため、卵胞ホルモン量を抑え、黄体ホルモンの量を少なくしても高い避妊効果が得られるようになりました。

半面、男性化症状(アンドロゲン作用)は出やすくなっています。

このアンドロゲン作用をできるだけ抑えるために、黄体ホルモン量を段階的に変化させていく「3相性」式になっているものが多いという特徴がみられます。

「アンジュ」「トリキュラー」「ラベルフィーユ」などが第2世代に分類されます。

第3世代のピル

第3世代に分類されるピルは、「デゾゲストレル」または「ゲストデン」という黄体ホルモンが使われています。

第2世代の高い避妊効果を維持したまま、アンドロゲン作用や、吐き気や頭痛などの副作用を抑えています。男性ホルモン作用が弱いので、ニキビに効果が高いとも言われています。

「マーベロン」「ファボワール」などが第3世代に分類されます。

第4世代のピル

第4世代では「ドロスピレノン」という黄体ホルモンが使われています。
第4世代ピルは「超低用量ピル」とも言われ、体内で分泌される黄体ホルモンに近い性質なため、副作用が更に軽減されています。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は最小に抑えられています。

「ヤーズ」などが第4世代に分類されます。

ヤーズは24日間服用し、休薬期間は4日になります。

ヤーズとヤーズフレックス

ヤーズは第4世代のピルで「超低用量ピル」と言われます。
月経困難症や子宮内膜症のために処方されるお薬ですが、規定通り服用していれば、避妊効果もしっかり発揮します。

ヤーズフレックスは最長で120日間飲み続けることのできるピルです。
成分はヤーズと同じです。

4日間の休薬期間を設けずに飲み続けることができます。
ヤーズフレックスは、最長120日間(約4ヶ月)月経を無くすことができ、不快な症状を抑えることができます。

低用量ピルの特徴

薬

低用量ピルの特性・飲み方・副作用などは世代(種類)を問わずおおむね同じです。

低用量ピルの効果

低用量ピルは適切に服用した場合99.3%の避妊効果があると言われています。
さらに、月経困難症や子宮内膜症にも効果を発揮し、生理に伴う痛みなどを緩和する働きがあります。
発見しにくく進行の速い卵巣がんの発生頻度を下げるという効果も持ち合わせています。

低用量ピルの副作用

低用量ピルの主な副作用は吐き気・めまい・頭痛・乳房の張り・不正出血が見られます。
これは飲み始めの1~3ヶ月間は体内でホルモンバランスを整えているため出ると言われています。
日常生活に支障を来さないようであれば継続して服用することで症状は治まります。
また重篤な副作用として血栓症があげられますが、喫煙、BMI、年齢、他にも合併症を持っていない場合は
血栓症になるリスクはとても低いと報告されています。

低用量ピルの服用方法

生理が始まった日~5日目以内に服用を開始します。
21日間服用して、7日間服薬を止めます。
服薬していない7日間(休薬期間)の内に月経が起こります。

ピルと他の薬などとの飲み合わせ

アセトアミノフェン

鎮痛解熱剤であるアセトアミノフェンは併用禁忌です。
ピルの作用や副作用を強め、アセトアミノフェンの効果は弱めてしまいます。

ロキソニン・イブプロフェンなど、他の鎮痛解熱剤は併用してかまいません。

ただ、ヤーズとヤーズフレックスはアセトアミノフェン以外の鎮痛剤にも注意が要るので、必ず医師に相談してください。

抗生物質の一部系統

テトラサイクリン系と、ペニシリン系、抗結核薬は併用できないことになっています。

ステロイド

抜群の抗炎症作用と免疫抑制力を誇るステロイドですが、ピルと同時に使用できません。
ステロイドが必要な場合は重要な病気(膠原病など)であることが多いですから、そちらを優先することが必要となるかもしれません。
花粉症の内服薬である「セレスタミン」は、抗ヒスタミン剤とともにステロイドを含みますので、花粉症には他の薬を使うようにしてください。

三環系抗うつ薬

トフラニール・アナフラニール・トリプタノールなどの三環系抗うつ薬も使用禁忌です。
抗うつ薬には三環系以外にも「SSRI」「SNRI」「NaSSA」などいろいろ選択肢があるので、そちらの使用になるかと思います。
睡眠薬も注意が必要ですので、精神科や心療内科にかかる際はピルを服用していることを医師に必ず伝えておいてください。

セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)

サプリメントやハーブティとして使われるセントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)は、ピルと一緒に飲むと避妊効果を弱めてしまいます。

ピルに限らず、セントジョーンズワートは併用できない薬がいくつかあるので注意してください。

ピルとアルコール・タバコについて

トリキュラーに関わらず、ピルはアルコールと一緒に飲む分には構いません。

ただ、夜をピル服用の時間に決めている場合、酔ってピル服用を忘れてしまう可能性のある方は他の時間帯に飲むなどの工夫が必要です。
また、錠剤を飲んだ後2時間以内に吐いてしまうと、避妊効果に問題が出てきます。

一番の問題はタバコです。
トリキュラー(ピル)はタバコとの併用は絶対禁忌です。

血栓症のリスクが百数十倍にも跳ね上がるからです。

一応のガイドラインとして「35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人はピルを服用してはならない」とありますが、それ以外の方もタバコはやめておくべきです。
タバコに含まれるニコチンと一酸化炭素が血栓症のリスクを上げるので「アイコス」「グロー」など、ニコチンが入っている電子式タバコ(加熱式タバコ)もダメです。
電子タバコでも、リキッド型などでニコチンの入っていないものなら、おそらく問題はないかと思いますが、医師との相談が必要です。

他にも、ピルとの併用について慎重になるべき場合や、禁忌となるケースがありますから、ピルを内服する前に、必ず医師に相談してみてくださいね。

まとめ

ピルはその世代ごとに少しずつ性格が違います。必ずしも世代が新しいほど良い薬であるということではありません。
薬には相性がありますので、ピルに限らず、薬全般に言えることは「いかに自分に合っている薬をみつけるかが大切」ということです。
自分に合ったピルをぜひ見つけてください。

ピル(避妊薬)の種類
最新情報をチェックしよう!
>スマルナ相談窓口

スマルナ相談窓口

アプリから無料で専門家に相談できます。